インタビュー
  1. TOP
  2.  > インタビュー
  3.  > 加藤寛子(プランナー)

安全教育、私のスクールに卒業はない(中村健一・安全教育)

Message

自己投資に無駄はない

大半のビジネスゲストは存在そのものがブランドです。それぞれの世界で功成り名遂げたラグジュアリーブランドです。ゲストと共有すべき一流の感性を磨くためにも同じ体験をするなどの自己投資は欠かせません。時には背伸びをしても良いファッションで身を包み、高いレストランで食事をすることも大切です。またマナーや教養、品格を高めるために不慣れなことにも挑戦しなければなりません。幸い配置転換も転勤もありません。成長のための投資に無駄はなく、すべて物心ともに有意義な人生を送るための貯金となります。

好きなことができる自由度の高さ

サービス業大好き人間集まれ、の求人コピーに惹かれて入社しました。またプランナー職の自由度の高さがなにより魅力的でした。そもそも分業化されたサービスでは自分の良さは活かせないと思っています。幸いプランナーに求められるのは自己完結型のサービスです。ゲストへのサービスメニューはプランナーに委ねられています。例えば私とAさんBさんとはサービス内容が異なります。これは自分で考えたことなら一生懸命になれる、人には個性があって同一のサービスはそもそもないとの考え方によるものです。ゲストには私のサービスを次回も受けたいなら私をご指名くださいと伝えます。結果として自分の顧客づくりにつながっていくのです。
もし今の職場でやりたいことが出来ないとストレスを溜めている人がいればぜひアウテックに来て欲しいですね。のびのびと自分の力を試すことが出来ます。

加藤寛子(プランナー)

別れに涙のある出会い

外国人VIPゲストには鍛えられますが日本人観光ゲストには本当に癒されます。私自身も地方出身者なのでゲストが東京に何を求めているのかよく分かります。
仕事を終えてゲストから感謝の言葉をいただいた時、お別れの瞬間にゲストと眼を合わせた時、もう駄目です。ゲストより先に感動し泣いてしまいます。日本人ゲストが続くと自分の両親や祖父母を思い出してまるで孝行娘が主人公のホームドラマです。泣いて笑って、こんないたわりや優しさ、人の温もりに満ちた仕事は他にないでしょう。
忙しいITとは無縁の人間中心のアナログ環境は人生を急がない私にはぴったりです。

加藤寛子(プランナー)

成長のための4つのC

Curiosity(好奇心)
常に世の中の変化に関心を抱き、学び、意欲をもつこと。自分の人生に関わるすべての人への好奇心を持ち続ける。

Confidence(確信)
自分の考えに自信をもって行動に移す。最後は自分を信じること。

Courage(勇気)
一歩前に進む勇気。殻を破る勇気。

Constancy(一貫性)
好奇心を抱き、確信に変え、勇気を出して挑んでいくことを継続する。

加藤寛子(プランナー)

Interview Archive

^TOP