ゲストに感動を与える3つの理由
  1. TOP
  2.  > ニュース・リリース
  3.  > 2013.01.09 第一回ドラテクオリンピックのメダリストが決まりました。

プロの運転技能に支えられてこそ安全及び事故防止への社会的責務が果たせる。

2013.01.09


金メダリスト 中野友晴

銀メダリスト 三国夏子

銅メダリスト 諏訪大樹

今回、メダリストになった3プランナーの現在の心境・勝因・さらなる運転技術向上への決意表明を紹介します。

金メダリスト
中野友晴

ゲストに快適に過ごしていただくために、慎重なアクセル・ブレーキングワークや荷重移動に特に気を付けています。うまく表現できませんが、ご乗車頂くゲストに「上手ですね」と言われない運転を意識しています。意外と思われるかもしれませんが印象に残らない自然な運転がむしろ理想と考えます。次回も連覇目指します!




銀メダリスト
三国夏子

ゲストにご乗車頂いたとき、自分のハイパフォーマンスが出来るよう、体調やメンタル面、地理的な下調べなど、全てのコンディションを整えておくことに一番気を遣っています。ゲストはとても忙しい世界を生き抜くエグゼクティブな人達。「Time is money」を念頭に、ゲストに「スムーズさ」を提供し続けるプランナーでありたいと考えています






銅メダリスト
諏訪大樹

アクセルやブレーキに気を使うことはもちろんですが、前方の混み具合や車線の位置取り、周りの車の動きにも常に気を配り、スムーズな運転を心掛けています。ゲストの皆様が、重力を感じないような運転が理想です。すごい事を自然にできるの が良きプランナーだと考えています。次回、さらに高みを目指します!

^TOP