ゲストに感動を与える3つの理由
  1. TOP
  2.  > ニュース・リリース
  3.  > 2015.09.08 初秋のお便り「お月見」
お月見

初秋のお便り「お月見」

2015.09.08

秋の味覚狩り

秋をイメージしたラッピングの和のお菓子をご用意しています

月のうさぎ

月にはウサギはいるでしょうか?

中秋の名月

2015年の中秋の名月は9月27日

九月を迎え涼風の心地よい日が増えてまいりました。初秋のお便りとして今回は「お月見」をご案内させて頂きます。


「お月見」は旧暦の8月15日に月を眺めて楽しむ、秋口のお祭りです。

この時季は空が澄んで月が明るく一年のうちでも特に美しく見えることから、この旧暦8月15日に浮かぶ月は「中秋の名月」また「十五夜」と呼ばれ親しまれています。

秋は”実りの秋”ともいわれるように、穀物や芋類の収穫が盛んな時期。その収穫に感謝を心に、稲穂に見立てたススキを飾り、十五夜に因んで15個の団子を月へお供えして月見を楽しむことが一般的とされています。

また、日本の方には御馴染みの「月にはウサギがおり餅つきをしている」という伝承。満月を意味する「望月」が転じて「餅つき」に、さらには月面のクレーターの模様が杵と臼で餅をつくウサギの形に見えることに由来する、などの説が有名です。しかし、月の見え方も、アラビア圏では「吠えるライオン」、南ヨーロッパ圏では「大きな鋏のカニ」、そのほか「バケツを運ぶ少女」、「薪をかつぐ男性」などお国によって様々。 私たちが思っている以上に満月は賑やかな所なのかもしれません。

2015年の中秋の名月は9月27日。

東京からの月がどう見えるか、ぜひ眺め・愉しむ余裕を持って過ごしたいものですね。

秋の夜長を楽しむナイトツアーなども承っております。3時間からご利用できますので是非、お問合せください。

^TOP