ゲストに感動を与える3つの理由
  1. TOP
  2.  > ニュース・リリース
  3.  > 2017.06.01 東京のお土産 お箸 川上商店
盆栽鑑賞はいかがでしょうか?

東京のお土産 お箸 川上商店

2017.06.01

江戸唐木箸が人気です!

江戸唐木箸が人気です!

川上商店では「名入れ」サービスをおこなっています!

川上商店では「名入れ」サービスをおこなっています!

お店へ行くと、常時500種類以上の箸を見ることができます!」

お店へ行くと、常時500種類以上の箸を見ることができます!

東京に訪れたその思い出として、ご自分に、もしくは家族や友人に東京のスペシャルなお土産をプレゼントしてみてはいかがでしょうか?アウテックのプランナーお勧めのお土産として、日本の食文化に欠かせないお箸専門店「川上商店」をご紹介します。


箸は今から2400年から2500年前に、中国で使われ始めたと考えられ、日本には7世紀の飛鳥時代の頃、中国から仏教と一緒に伝わったとされています。現在箸は世界の約30%で使われていますが、自分専用のお箸を持つといわれているのは日本人だけのようです。

ご紹介する「川上商店」では、約2000種類の箸を取り扱い、常時500種類以上の箸をショールームに展示しております。中でも人気は、江戸唐木箸です。これは主に中国から伝わった黒檀・紫檀などの素材で作った、江戸(東京)のお箸です。装飾よりも機能性を重視しており、木の素材感を生かしたシンプルな作りが特徴です。実際にお店に足を運んで、長さ、重さ、色、形などご自分の好みのものを探しだしてみてください。

お箸に名前を入れるサービスやその他特典もございます。詳しくは予約時にご確認ください。

お問い合わせはコチラからどうぞ!

^TOP