ゲストに感動を与える3つの理由
  1. TOP
  2.  > ニュース・リリース
  3.  > 2017.12.06 折り紙(origami)
折り紙(origami)

折り紙(origami)

2017.12.06

太刀と刀の違い

日本語の「折り紙(origami)」は世界共通語

展示の際、刀は刃が上向きに

折り鶴は、古くから「鶴は縁起の良い鳥」と言い伝えられています。

展示の際、太刀は刃が下向き

プランナーが一つ一つ心を込めて折っています!

日本の開国とともにヨーロッパと日本の折り紙が融合し、現在の日本の折り紙ができたと言われています。


現在、欧米をはじめ多くの国で「origami」=日本と言われる程、日本語の「折り紙」は世界共通語です。折り紙と呼ばれる前は、「折据(おりすえ)」「折方(おりかた)」「折りもの」という言い方だったそうです。

特に折り鶴は、古くから「鶴は縁起の良い鳥」と言い伝えられてきました。「鶴は千年亀は万年」といわれるように長寿の象徴とされ、折り鶴を折るたびに寿命が延びると言われ、江戸時代に庶民の間で折り鶴を折ることが流行しました。また、平和のシンボルでもある折り鶴をお渡しすることで、平和のメッセージを届けるとも言われてきました。

ゲストのことを思い、心を込めて一つ一つ折ることで感謝の気持ちをお伝えし、日本を感じて頂ければと思っております。

折り紙は、ゲストの国の国旗デザイン、四季に合わせて、冠婚葬祭等、その時のゲストに合わせてプランナーが各自選び、そして一つ一つ手作りしております。折り紙でのおもてなし、是非ご体験くださいませ。

お問い合わせはコチラからどうぞ!

^TOP